脇の黒ずみの原因を詳しく解説

脇黒ずみ女性気づいた時に脇が黒ずんでいた。
と後になって黒ずみに気づく女性は少なくありません。

脇は普段あまり見慣れないので、徐々に黒ずみが進行しても気づかないでしょう。
脇黒ずみを解消するには、まずは原因を知ることが大切。

黒ずみの原因を知ることによって、予防や対策、そして解消につながります。
ここでは、脇が黒ずむ原因を詳しく解説していきます。
コチラも参考に:脇の黒ずみは解消できる!その原因と対策

 

脇の黒ずみの正体はメラニン色素

脇が黒ずむその黒い皮膚は何なのか?
その黒ずみはメラニンが色素沈着しているからです。

メラニンとは、肌を守るために生成されるもので、肌が刺激やダメージを受けた特にできます。

例えば、紫外線を浴びた時、皮膚が黒くなるのはメラニンが発生するから。
紫外線から肌を守る為にメラニン色素が生成されます。

肌を守る働きをすることと同時に、皮膚の色が黒くなります。
これが日焼けで肌が黒くなったり、シミやソバカスができる原因となるのです。

よくメラニンはシミ・そばかすができる悪者と捉えがちですが、肌・皮膚を守る為にはかかせない成分となるです。しかし、美を意識する女性にとって黒ずみやシミは避けたいものですよね。

脇も肌が刺激を受けることによってメラニンが生成されて、脇黒ずみの原因となります。

脇の黒ずみを予防するためには、まずは皮膚を刺激から守ることが大切なのです。
では、脇の黒ずみを予防する為に、日常生活で肌に刺激やダメージを与える原因を解説してきましょう。

脇の黒ずみを予防するための肌への刺激・ダメージ

チェック1 多くの女性が過ちを犯す。脇毛の自己処理

脇は脇毛が生えてきます。女性にとってムダ毛の処理は必ず行いたいもの。

女性の脇のムダ毛処理の方法としてまず行われているのが、カミソリや毛抜きを使った脱毛処理。

しかし、カミソリや毛抜きを使用することによって脇の肌が傷つき刺激を受けて黒ずみの原因となります。

最近では、脱毛サロンや医療クリニックなどでムダ毛処理を行う女性も増えましたが、未だカミソリや毛抜きなどで肌を傷つけている女性がいらっしゃいます。

ムダ毛の自己処理は、肌を傷つけてメラニンが色素沈着して黒ずみの原因となります。

まだカミソリなどの自己処理を行っているならば、すぐに止めて肌に刺激を与えない除毛クリームや脱毛サロン、医療クリニックなどで処理する事をオススメします。
 
チェック1 衣類の擦れが脇の肌を刺激する。
女性はタイトな服装をすることが多いので、衣類と脇との擦れで刺激を受けます。
また、ブラジャーや下着などで、脇の肌を締めつけることも多いので、知らないうちに擦れて肌が刺激を受けているのです。

そういった普段の動作からでも脇は刺激を受けて黒ずむことは少なくありません。

衣類と脇の箇所は、汗の影響によって非常に蒸れやすいので雑菌が繁殖しやくなります。
雑菌が繁殖することによって、脇の皮膚がダメージを受けて黒ずみだけでなく臭いの原因にもなります。

衣類や下着は常に清潔にして、脇の皮膚と摩擦させないことを意識しましょう。
すでに黒ずみは酷い状態であれば、少しゆとりのある服装や下着を心がけることが大切です。
 
チェック1 脇の制汗剤による刺激
脇のニオイってきになりますよね。そんな時、便利なのが脇の制汗剤です。

脇にシュッとふるだけで、脇の臭いを抑えることができるとあって頻繁に利用されている女性もいらっしゃるでしょう。

しかし、脇の制汗剤にも注意が必要です。
最近の制汗剤の成分には重金属成分が含まれているものが多いのです。

それらは、知らない間に脇の肌を傷つける結果となり、臭いは抑えることができますが、脇黒ずみの原因となります。

脇の臭いが気になる方は、そういった重金属成分が配合されている制汗剤は避けましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ