脇の黒ずみは皮膚科で治る?

脇の黒ずみをしっかり改善したいなら、専門知識を持つ医師に相談するのも良いでしょう。早くこの黒ずみを治したい!と思っているなら、一度皮膚科を受診し、医師に治療してもらう手もあります。

しかし、全ての皮膚科で脇の黒ずみに対応してもらえるわけではないようです。

医師

皮膚科とクリニックの違いに注意!

皮膚科を受診する前に、脇の黒ずみに対応してくれる施設であるかどうかを確認しなくてはなりません。
皮膚科』か『クリニック』かという点で、ある程度は見分けられるでしょう。

何故なら、医師の知識や技術以前に、脇の黒ずみを改善するための機器が導入されている必要があるのです!

脇の黒ずみ対策として用いられる機器は、ケミカルピーリングやレーザー治療を行うためのもの。大型のマシンなので、個人経営の皮膚科ではあまり導入されていないようです。

手当たり次第に皮膚科を受診するのではなく、大き目のクリニックや、『美容皮膚科』の項目を扱っている病院を中心に探してみましょう。

また、どの施設で治療を受ける際も、脇の黒ずみ解消には保険が適用されない点に注意してください。

脇の黒ずみに対する皮膚科治療の効果は?

保険適用が不可であるため、高額となりそうな皮膚科での脇の黒ずみ対策。
気になるのはその効果の程ですが、本当に脇の黒ずみを短期間で解消してくれるのでしょうか。

チェック ケミカルピーリングの場合

ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤(グリコール酸やサリチル酸マクロゴール)を肌に塗り、融解させて古い角質を取り除く施術です。

家庭内で安全に使用できるよう配慮された市販品のピーリングアイテムとは違い、強い薬剤を専門知識のもと用いるため、より効果的に古い角質を剥がすことが可能。

古い角質などによる肌のくすみが脇の黒ずみの原因であれば、施術1回で高い効果を感じられるかもしれません。

ニキビ跡やシミの改善にも、このケミカルピーリングは効果的な施術の一つとされています。

しかし、脇に傷や炎症などトラブルがある場合は治療を行えません。
人によってはピーリングの前に、皮膚の状態を整える治療が必要になる可能性もあります。

チェック レーザー治療の場合

レーザー治療は主に3つの方法に分けられます。
『黒ずみを引き起こす色素を熱で破壊するもの』『カーボンオイルを毛穴に浸透させ、毛穴に詰まった汚れを熱とオイルで押し出すもの』『コラーゲンやエラスチンの生成をうながし、毛穴を引き締めるもの』の3タイプです。

原因やクリニックによって使用されるレーザーは異なりますが、いずれも治療は数回に渡って行われます。
脇の黒ずみの原因となっている点に直接レーザーを照射するため、効果が高いと人気のようですね。

ただし、効果に比例して治療費も高額となりがちです。
人によっては長期治療が必要なケースも考えられますので、医師に相談する際は治療期間(施術回数)と料金の目安を確認しておきましょう。

ちなみに、これらの施術を受けない場合も皮膚科での相談はおすすめです。
自分に合った対策を教えてもらったり、皮膚科でしか処方されない薬やケアアイテムを手に入れられます。

予算や目的を考慮して、無理のない皮膚科受診を試してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ