脇の黒ずみは重曹パワーで解決?

安価で手に入る、強力なお掃除ツールとしても知られている重曹
粒子の大きさからくるツブツブ感と掃除に使用できるという点から、脇の黒ずみにも効くのではないか?と考えられています。

重曹

使用方法としては、スクラブ効果を期待して、石鹸を泡立てた中に一つまみ加えて脇を洗います。あるいは、重曹に少しずつ水を加え、適度なペースト状にしたもので脇の下をパックするという方法もあるそうです。

でも、本当にこれらのケア方法は効果があるのでしょうか?

重曹のアルカリ性がポイント

黒ずみの原因の一つが、毛穴に詰まった汚れです。
汚れと一口に言っても、その正体は制汗剤など薬剤の他、ホコリや古い角質、皮脂といった複数の物質が考えられます。

石鹸である程度の薬剤やホコリはサッと洗い流せますが、古い角質や皮脂はとっても頑固。そこで、アルカリ性の性質を持つ重曹が役立つのです。

水に溶かした重曹は弱アルカリ性となり、皮脂や古い角質といった酸性側の性質を持った汚れを中和させます。さらに重曹独特のツブツブ感が、スクラブとしてしっかり洗い落としてくれるでしょう。

重曹が持つアルカリ性から、このような効果が期待されているようです。
安く手に入る重曹と水や石鹸だけで、脇の黒ずみが改善できるなんて夢のようですね。

今までケア用品で悩んでいたのが嘘みたい。
そう思って、今日からでも試したくなります。

しかし、もう一度思い出してみてください。
脇の黒ずみの、もう一つの原因が『外部からの刺激』だということを。

強力すぎる故の危険性?

重曹の粒子は大きく、研磨剤として使用されるほどです。
それは勿論、料理で使われる食用重曹でも同様で、非食用より多少小さな粒とはいえ、肌を傷付けるには十分な大きさです。

汚れをしっかり落としたのに、今度はメラニン色素で脇に黒ずみができちゃった!なんてことは避けたいですよね。

毛穴の汚れを落とすよりも、肌に沈着したメラニン色素を薄める方が時間がかかってしまいます。
メラニン色素を生成させないためにも、脇の黒ずみを解消したい時に重曹を使うのは控えるべき、と言えるでしょう。

肌に優しいアルカリ性に注目!

粒の粗い重曹での脇の洗浄は、肌が強い人であれば多少の使用は耐え得るかもしれませんが、おすすめはしません。
実は高いリスクを背負って重曹を使用するより、石鹸をよく泡立てて脇に塗る、石鹸泡でパックをする方が洗浄効果を期待できます。

何故なら、多くの石鹸もまたアルカリ性の性質を持っているのです。

すぐに洗い流す程度では皮脂は残ってしまいますが、しばらく泡を置いて吸着させれば、毛穴内の汚れも落ちやすくなります。
優しく洗い流して、メラニンによる黒ずみも汚れによる黒ずみも、すっきり解消させましょう!

注意したいのが、石鹸の選び方です。泡立ちの良いボディソープはとても魅力的ですが、昔ながらの固形石鹸がおすすめ。
ボディソープの中には、肌と同じ弱酸性の性質を持っているものもあるため、あまり効果が期待できない可能性もあります。

洗顔用の泡立てネットを使えば、誰でも簡単にもっちりとした泡が作れます。
石鹸を泡立てて脇の下に添付し、3分~5分程度待ってから洗い流すだけ。
とっても簡単なので、ぜひ、今日から試してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ